タイ人の在留資格と査証(ビザ)

タイ人の在留資格と査証(ビザ)

 
HOME>タイ人との結婚タイ人の在留資格と査証(ビザ)

新聞報道などでは、「在留資格」「ビザ」は、同じような意味合いで使われることが多いですが、在留資格とビザは、全く別物です。

また、我々のような行政書士のホームページを見ても、「ビザ代行行政書士」「結婚ビザの取得代行」や「留学ビザから結婚ビザへの変更」のように、在留資格を、ビザと置き換えて、同じもののように説明しているのが実情です。何故なら、「在留資格」という、馴染みの無い言葉を使うより、「結婚ビザ」という言葉を使った方が、わかりやすく複雑な仕組みを理解してもらいやすいからです。ただし、これから皆さんが、タイ人と結婚し、来日して一緒に暮らす手続きをするためには、在留資格とビザの違いをはっきり理解しておくことが必要です。というのは、出入国管理局から発行される在留資格認定証明書だけでは、来日出来ません。必ずビザの発給が必要です。ここでは、「在留資格」と「ビザ」の違いについて説明します。

 

在留資格

在留資格とは、外国人、つまりタイ人の奥様、旦那様が日本へ来日するときに、在留の目的に応じて出入国在留管理局より与えられる資格のことです。

 

例えば、

タイ人と結婚をして、タイに住んでいる奥様又は旦那さんを日本に呼び寄せて日本で一緒に暮らすための必要な在留資格は、

 

日本人の配偶者等

 

になります。

 

この場合、在留資格認定証明書を日本人配偶者の住んでいる地域を管轄する出入国在留管理局に申請を行う必要があります。

 

実際の手続きとしては、

1、日本タイ両国で結婚手続き

2、出入国在留管理局に在留資格認定証明書申請書申請

3、VFS.GLOBAL (バンコク ビザセンター)でビザ発給申請click

4、日本行きのチケット購入

5、出発72時間前のPCR検査

6、検査結果の受取(24時間後)

7、出発

 

という流れになります。

 

在留資格認定証明書

在留資格認定証明書とは、申請した外国人が来日しようとする場合に出入国在留管理局が入国の目的にあった在留資格に適合していることを証明するものです。管轄は法務省になり、ビザは外務省になります。

在留資格認定証明書の期限は、3ヶ月ですのでその期間中に来日する必要があります。

 

在留資格認定証明書があれば100%入国できるの?

 

在留資格認定証明書が発行されると、もちろん来日に一歩近づきますが、当たり前に来日ができる訳ではありません。

在留資格認定証明書のときは、取次行政書士に依頼すれば、本人や日本人配偶者に直接、質問が来るのではなく、取次行政書士の事務所に来ます。ビザ申請では、在タイ日本大使館や領事館から直接タイ人本人に行われます。調査方法は、電話調査、面談(インタビュー)、その他、現地調査などがあり、疑わしい場合(在留資格認定証明書の申請内容を理解していない)は、さらに調査をされる場合があります。

疑われないように、インタビュー対策はしっかりしておく必要があります。

 

 

 

査証(ビザ)

ビザの正式な名称は、査証(さしょう)といいます。

日本では、外務省が管轄しています。

来日するタイ人(外国人)の所持するパスポートが本物で有効なものであることを確認し、ビザに記載されている入国や在留目的が条件下において適当という推薦的性質を持ちます。

タイでは、VFS.GLOBAL (バンコク ビザセンター)で発給を受けます。click

証書であるビザは、パスポートのビザの項目ページに、貼ってもらいます。ビザは、日本に入国にするための必要な書類となっていますが、事前チェックの一部であって、日本大使館などで発給されたビザを持っていても日本への入国を拒否される場合があります。

 

弊所では、タイ人スタッフによる大使館のインタビュー対策をしておりますのでご相談くださいませ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。