西日本唯一タイ専門行政書士です。大阪、神戸、京都、奈良、和歌山のタイ人との国際結婚手続き、結婚ビザはに行政書士ティーラック法務事務所へお任せください!

行政書士ティーラック法務事務所のご案内

タイ人との国際結婚手続き、結婚ビザ、タイのことなら何でもお任せください

(日本、タイ両国の結婚手続きから大阪及び全国の入国管理局への申請業務全般をワンストップお任せいただけます。)

結婚手続きがお済でない方👆click

タイ専門だからできることがあります!

当事務所は、大阪市中央区に所在し「在留資格申請」(結婚ビザ、就労ビザなど)・「永住申請」・「帰化申請」・「日本での会社設立」など、外国人ビザ申請及び国際結婚(離婚)及び日本での生活・ビジネスサポートを主におこなっております。在大阪タイ王国総領事館より徒歩10分)

私どもは、タイ王国のバンコク、パタヤ、シラチャに年中訪タイしており、多くのタイ現地法律事務所、会計事務所、タイ進出支援会社などと提携しておりますので、日本国内とタイ国内で、ワンストップ&ダブルサポートサービスを提供させて頂いております。

国際結婚や外国人雇用、会社設立は、ビザを取得することが最終の目的ではなく「スタート」です。

当事務所のサポートが皆さまのお役に立てることを願っております。

タイ専門行政書士は、タイ人との「国際結婚手続」から結婚(配偶者)ビザまでワンストップで対応できます

・法務省入国管理局より許可を受けた取次行政書士が直接お客様の婚姻ビザ、婚姻手続きの対応にあたります。
お客様の資料作成やアドバイスだけでなく、入国管理局に直接折衝できるのは、取次資格をもつ弁護士や行政書士のみです。(婚姻手続きブローカーではありません)

結婚ビザについては。万が一不許可になっても再申請、再々申請まで無料で行います。


奥様(旦那様)にタイ人スタッフから必要書類や取り寄せ方法など、ラインアプリなどを使い、実際の現物書類を見て頂き親切に説明いたしますのでお客様の負担が軽くなります。(送金依頼や喧嘩することが少なくなります)


・市町村役場によって必要書類が違います。国際結婚手続きのほとんどが中国人と韓国人なので、タイ人との婚姻手続きに、不慣れな戸籍係担当者が多いです。例えば、タイ人配偶者がタイ住んでいるのに、「婚姻要件具備証明書」を提出するよう役所担当者に要求されることがあります。在京タイ大使館及び大阪のタイ王国総領事館で、婚姻要件具備証明書の発給を受けるためには、タイ人配偶者が来日しなければならず、その場合には弊所が役所に対し折衝にあたります。


・タイ人の方は、身内のアドバイスを信じ切る傾向があります。タイ人ブローカーのアドバイスを受けると、不要な書類や手続きをさせ、法外な手数料をとる業者があります。タイ人配偶者から何回も「送金してほしい!」と連絡があるのは、そのためです。


・本人以外問い合わせできない事項以外、お客様自身に直接大使館に連絡してくださいという(自己責任的)対応はいたしません。


・タイ・日本結婚手続き~結婚ビザ取得~来日までは一連の流れで書類が必要です。
よって、来日の手続きから逆算し書類の取り寄せをお願いできます。
(ワンストップで対応できる事務所でないと、タイの書類が理解できないので何回もタイから書類を取り寄せることとなり無駄な時間や費用が掛かります。)

ネット情報をそのまま鵜呑みにしないでください。

ネット情報を鵜呑みしにてどうにもいかず、ご相談に来られる方が多数おられます。
例えば、日本から結婚手続きをはじめるのと、タイから結婚手続きをはじめるのでは、法律的に大きく意味が違います。
ネットで見る通り、日本からであってもタイからであっても結婚手続きはスタートできます。
ただ、日本に住んでいるから日本から結婚手続きをはじめるのが良い。タイに住んでる場合は、タイからはじめたほうが良い。とよく見かけられますが、法的な効果は全く違います。ただ単に、日本にいるから、日本から婚姻手続きを進めたほうが簡単だ!とか楽であるとかの問題ではありません。
このあたりをしっかり理解していない方の情報を鵜呑みにしてそのまま手続きされた場合、取返しのつかないトラブルになる可能性があります。
また結婚手続きでつまずくと、最大の目的の結婚ビザ申請時に、書類に矛盾が生じ偽装結婚と疑われたり、そもそも日本に呼びための要件を満たしていないために結婚ビザが不許可になることもあります。

(一例)

  • タイ駐在(タイで仕事をしている)日本人の、結婚手続きのSNSを見て、それと同じように準備を進めたところ、バンコクのビザセンターで申請し不許可になったため1年以上来日が伸びてしまった。(来日前に離婚)
  • 相談者の婚約者は無職であるのに、タイ人配偶者(女性)が、タイの企業にお勤めで在職証明書などの書類が発行される方と同じ手続きをしたため、ビザ申請で追加書類を請求されたが提出できず不許可になった。
  • 中国案件を多く手掛ける大手行政書士事務所に依頼したが、婚姻要具備証明書の発給が必要とのアドバイスで日本に婚約者を呼んだが、結局必要書類の不備で日本で手続き出来なかった。

タイ人配偶者と日本で一緒に住むためには?

タイ人の婚約者と婚約者と一緒に日本で住むためには、大きくわけて次の4つのステップがあります。

① 日本での国際結婚手続き

② タイでの国際結手続き

③ 日本で住むための在留資格認定証明書交付申請(日本人の配偶者)

概ね、普通の行政書士事務所は③の発給をもってここでサポート終了です

日本査証申請センター(JVAC)⇇(click)にビザ(査証)の発給申請をする

そして、パスポートに査証(ビザ)シールを貼ってもらってから、日本行きの航空券を買い日本行きの準備をします。

④の手続きには、「日本人の配偶者等」という在留資格認定書が必要です。


結婚ビザ(配偶者ビザ)の在留資格の取次業務(代行)は日本国内の行政書士、弁護士などで、入国管理局より取次申請の認定を受けた者しか業務として出来ません。
弊所にご依頼頂くと、お客様が入国管理局に原則、足を運ぶことなく「配偶者等の在留資格」を受けることが出来ます。

 

 タイ国際結婚手続き・結婚ビザ料金表

こちらをご参照ください。click

Paypalでカード決済できます。⇦clickPayPal(ペイパル)|Mastercard, VISA, American Express, Discover, UnionPay, JCB簡単に登録できます

 

お問合せ

まずはお問合せフォーム⇐clickにてお問合せください。

  お客様に寄り添った親切・丁重な対応を心がけております。配偶者(結婚)ビザ・就労ビザ申請(取得・変更・更新等)、国際結婚、離婚、夫婦、恋人間のトラブル(送金など)に関する疑問やお悩み・困りごとなど、どのようなことでもかまいませんので、ご相談ください。
なお、電話・お問合せフォームによる基本相談は「初回無料」で受付けております。

※ ご来所による無料相談につきましてはご予約のみとさせて頂いておりますので、事前にご連絡お願い致します。また、申請中の手続き・ご自身で申請する書類作成に関するご相談、2回目以降のご相談等につきましては、お電話、ご来所を問わず相談料が発生する場合がございます。

 電話(直通)

080-8853-1557

お気軽にお問合せください。

※  お電話対応できない場合には、当方より折返しご連絡差し上げます。

行政書士ティーラック法務事務所(大阪市中央区)
代表行政書士 坂口 憲一

住所
〒540-002大阪市中央区本町橋2-23第7松屋ビル303

TEL 06-6809-3944
FAX 06-6809-3945
携帯080-8853-1557

E-MAIL teerak.office@gmail.com

地下鉄堺筋線「堺筋本町」駅 5分(12番出口)
地下鉄谷町線/中央線「谷町四丁目」駅 7分(4番出口)
(在大阪タイ王国総領事館より徒歩10分)

 

取扱業務一覧

ビザ申請業務

  • 、結婚ビザ、定住者ビザ、家族滞在ビザ、技術・人文知識・国際業務ビザ、投資経営ビザ、企業内転勤ビザ、興行ビザ、技能ビザ、技能実習ビザ、短期滞在ビザ、留学ビザ、特定活動ビザ、永住者ビザなど

国際結婚、国際離婚、外国人の起業支援・会社設立、各種ビザ申請に伴う書類作成

  • 国際結婚のアドバイス、各種書類のアドバイス、理由書及び上申書、再入国許可、事業計画書、資格外許可活動、就労資格証明書、アポスティーユの証明・外務省認証の取得

帰化申請業務

  • 帰化申請書類作成

所属団体及び関連資格

大阪入国管理局 届出済申請取次行政書士 (第17-133)
(大阪入国管理局へ申請代行できる申請取次行政書士です)
日本行政書士会連合会 第17260992号 (大阪府行政書士会 中央支部所属)
こちら
■宅地建物取引士(大阪 第098599号
(タイ・バンコク、シラチャ、パタヤで宅建士の目線で日本人が満足できる物件をご紹介いたします)
調理師免許 (第222774号)
(日本でタイ料理店をオープン、またタイで飲食店進出時の総合的なサポートができます)

サービスエリア

大阪・京都・奈良・和歌山・兵庫県(神戸市)・東京・名古屋・九州・四国など日本全国対応

海外サポートエリア

タイ王国(バンコク、シラチャ、パタヤ)

関連リンク

入国管理局・・・入国管理局のホームページ
大阪入国管理局・・大阪入国管理局のホームページ
タイ王国大阪総領事館・・タイ王国大阪総領事館のホームページ
在タイ日本国大使館・・・在タイ日本国大使館のホームページ
日本査証申請センター(JVAC)・・・ビザ(査証)の発給を受けるときとき

 

最新投稿