タイとの結婚に必要な翻訳

タイとの結婚に必要な翻訳

必要書類(タイ人配偶者がタイで準備する書類)

   婚姻届

   独身証明書

     ※ 原本(タイ語)  1通(タイ外務省領事局国籍・認証課の翻訳認証が必要)
        英語翻訳   1通(タイ国外務省領事局国籍・認証課の翻訳認証が必要)
        和訳  1通

     >> タイの婚姻要件具備証明書・独身証明書とは?

   住民登録証(タビアン・バーン)

     ※ 原本(タイ語)  1通(タイ外務省領事局国籍・認証課の翻訳認証が必要)
        英語翻訳文   1通(タイ外務省領事局国籍・認証課の翻訳認証が必要)
        日本翻訳     1通

   出生証明書

     ※ 原本(タイ語)  1通(タイ外務省領事局国籍・認証課の翻訳認証が必要)
        英語翻訳文    1通(タイ外務省領事局国籍・認証課の翻訳認証が必要)
        日本翻訳     1通

   申述書

     ※ タイの独身証明書では、日本の法律での結婚要件を満たしていないために提出するものです。

  離婚証明書

     ※ 相手の方に離婚歴がある場合に必要となります。

  改姓・改名の証明書

     ※ 相手の方に改姓・改名がある場合に必要となります。 

  父母の同意書

     ※ 相手の方が20歳未満の場合に必要となります。

 以上の書類を揃えて、市区町村役場へ提出します。

 日本人配偶者がご用意する書類は、「婚姻届」と「戸籍謄本(但本籍地の市区町村役場に婚姻届出を提出する場合は不要)」、住民票(住所地の市区町村役場に婚姻届出を提出する場合は不要)、印鑑です。

 なお、「婚姻届」「申述書」は、事前に用意し、タイ人配偶者へ国際EMSで送付して、相手方から署名をもらう必要があります。

記入方法には、市区町村によって異なります。必ずご確認ください。

※ 翻訳事務所ならどこでもいいわけではなく、婚姻手続で必要な翻訳は、独特な翻訳ルールがあり、翻訳文がこれに則っていないと、受理してくれません。特に、コンビニ的にいろいろな国の翻訳をしている翻訳会社や日本に提出をするものは、タイの翻訳会社にはよく確認をとることをお勧めします。

日本の区役所・市役所で必要な翻訳証明書

  ・ タイの独身証明書の英語、日本語翻訳(翻訳者の自筆署名)

  ・ タイの出生証明書の英語、日本語翻訳(翻訳者の自筆署名)

  ・ タイの(住居登録証)タビアンバーンの英語、日本語翻訳(翻訳者の自筆署名)

  ・ タイの離婚証明書の英語、日本語翻訳(翻訳者の自筆署名)

  ・ タイの氏名・名前の変更証明書の英語、日本語翻訳(翻訳者の自筆署名)

    ※ 煩雑なタイ外務省の認証手続(ガルーダ認証)も弊所で代行サポートすることができます。

日本の入国管理局へ提出する証明書

  ・ タイの婚姻証明書の和訳(タイ側で先にした場合発行されるもの)(翻訳者の自筆署名)

  ・ タイの家族身分登録証の和訳(日本で先に婚姻した場合の結婚証明書にあたるもの)(翻訳者の自筆署名)

・ 卒業証明書

  ・ 在職証明書

    ※ タイ国の外務省の認証手続も当事務所で代行することができます。

 

 大阪タイ王国総領事館・在京タイ大使館用証明書

  ・ 日本の戸籍謄本のタイ語翻訳

  ・ 日本の婚姻受理証明書のタイ語翻訳

  ・ 日本の離婚受理証明書のタイ語翻訳

 

   ※ 日本の外務省の公印確認手続も当事務所で代行することができます。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。