日本で『会社設立/お店をオープン』したい(経営・管理ビザ)

「経営・管理ビザ」の申請

「経営管理ビザ」とは、

外国人の方が日本で会社を設立して事業の経営を行う場合や、

事業の管理を行う場合、その事業に投資して経営を行う場合などに取得する在留資格です。

経営管理ビザを取得できるのは、

具体的には社長、取締役、監査役、部長、工場長、支店長などが該当します。

たとえば、、、

◎ 大学を卒業し学んだことを生かし起業したいので留学ビザから経営管理ビザに変更したい
◎ タイ料理店の譲渡を受け経営者になることになった。
◎ マッサージ店を経営したいけれど・・・?
◎ 自分でネットや知人情報で経営管理ビザを申請して不許可になってしまった。。。

こういったケースの場合、お気軽にご相談ください。

 

経営管理ビザ取得の要件

「経営者」

1.事業所を確保していること(店舗・事務所)

2.500万円相当額以上の投資をしていることあるいはそれなりの事業規模であること

3.経営者以外に2人以上の日本に居住する者 (日本人又は、永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住   者の在留資格取得者)が、 フルタイムの社員を雇用できる規模であること。

4.,事業内容(事業計画)と職務経歴から安定した経営状況がみこめること。

 

「管理者」

1、「事業の経営」または「管理」について3年以上の経験を有すること。

2、日本人が従事する場合と同等以上の報酬を受けること

 

行政書士ティーラック法務事務所
〒540-002

大阪市中央区本町橋2-23第7松屋ビル303

TEL 06-6809-3944
FAX 06-6809-3945
携帯 080-8853-1557